エルミタージュ美術館・NFTを発行

ロシアのエルミタージュ美術館が豊富な芸術作品のNFTを発行することを発表した。美術館側としては資金調達の可能性についても期待している。

世界的に有名なエルミタージュ美術館ではコレクションの非代替トークン(NFT)の発行と販売について暗号通貨取引所Binanceと交渉中であることを発表。

6月24日にはBinanceがNFTマーケットプレイス「Binance NFT」をローンチし、様々なクリエイターを紹介する「100 Creators」プログラムも開始している。美術館は芸術作品に対する非独占的権利しか販売できないと説明しており、これはNFT市場への参入に一定の障壁を生み出すが、完全に不可能ではなく、NFTは修復プロジェクトの資金調達に使用できると美術館の館長は語っている。

今年始めにはロシア初のNFTトークンでの美術展を開催する予定であるとエルミタージュ美術館は語っており、NFTの利用は現代美術の分野で最も関連性のある議題であると述べている。

–APPTIMES–

SNSでもご購読できます。