コロナ禍でも業績を伸ばしている業界

様々な統計がありますが、日経新聞社がリサーチしたものとなります。その中で身近な業種のみを取り上げてみました。

焼肉屋
無煙ロースターによる換気の良さというイメージがウケている。実際に、他の飲食店の換気よりも10倍速く換気出来るそうです。これはお客にもわかりやすく実感出来るという事で、ウケているようですね。

それから、人件費がかからない事。肉はお客が焼くし、注文はタッチパネル。また、店員との接触が少ないという理由が指示を得ている。大手の回転寿司なども路面店が苦戦する中売上を伸ばしている理由は、これにあたると思われます。

和民は3分の1を居酒屋から焼き肉屋に変更しました。また、店内にお皿を回収するロボットを巡回させ、さらに人件費を抑える事に成功しています。

メガネ業界
自宅でPC作業、オンライン会議や飲み会、ゲームや映画など、目に負担をかけるという事でブルーライトカットやコンタンクトではなくメガネの需要が増えた。

家電業界
空気清浄機やプロジェクター、ビールサーバーが売上を牽引した。10年に1度の大盛況だったみたいです。

その他、自転車業界、アウトドア業界などもありました。密を避けながら楽しめるキャンプやツーリング(自転車など一般向き)などが流行っているという事ですね。

SNSでもご購読できます。