強い中国

AIIB(アジアインフラ投資銀行)は2013年に中国が主体で立ち上がった国際開発金融機関ですが、現在では100か国が参加し、G7からはフランス、イタリア、イギリス、ドイツなどが参加しています。※日米は不参加

それに加えイタリアは中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に正式参加を表明しました。

イタリアの狙いは貿易拡大(輸出)により「メイドインイタリー」を富裕層へアピールすることと、(中国からの)ヨーロッパ大陸への直線的な輸送ルートになるためのハブになることで、大きな利益が期待できるからです。

「ボスはアメリカ」の図式が壊れ始めて、各国が「強い中国」に向き、世界のパワーバランスは新しい形になり始めています。

SNSでもご購読できます。