昨日の常識は今日の非常識

1300年の間、世界中の人々は宇宙は地球を中心に回っている「天動説」を信じて疑いませんでした。

しかし、1543年にニコラウス・コペルニクスが太陽が中心で回る「地動説」を唱え、ガリレオ・ガリレイの『慣性の法則』もそれを後押しして、徐々に「地動説」が常識になっていきました。

※最近まで60兆とされていた人間の細胞の数も最近では37兆説がスタンダードになっています。

昨日の常識は今日の非常識、今日の常識は明日の非常識です。柔軟性を持ちましょう。

SNSでもご購読できます。