ICOの現実

ICOアドバイザーのサティスグループが2018年7月に発表したリポートによると「2017年に行われたICOの81%が詐欺だった 」と否定的な見解を示しました。

又、ボストン大学の調査でも半分以上のICOのプロジェクトが機能していないとしています。

ICOの主宰者は自分たちの仮想通貨の将来性や可能性を強く訴えますが、その裏に潜むリスクやデメリットを探るのが投資家の使命かもしれません。

SNSでもご購読できます。