責任は自分で

日本が直面する【人口減少】がかかえる大きな問題は「税収減」と「社会保障費の負担増」です。

2018年の社会保障費は33兆でしたが、1990年には11兆5000億だったので10年で10兆円づつ増えています。(2038年には50兆と予測されています)

2018年の税収は59兆ですが、縮小する経済の中で今後税収が増えいく可能性は低く「税収は伸びずに社会保障費は膨らんでいく」というスパイラルは避けられません。

とにかく「国への期待と依存」をやめて『自分の人生は自分で責任を持つ』という意識が必要です。

SNSでもご購読できます。