5つの国を使い分ける

私たちが充実した人生を送ろうとしても、すべての面で好条件を満たす国はありません。

ある国は税金が高く、ある国には兵役があり、商習慣も言葉の問題もあります。ですのでこれからは五つの国を適宜使い分けることが理想です。

第1のフラッグ  国籍を持つ国
第2のフラッグ  ビジネスを営む国
第3のフラッグ  居宅を持つ(永住権・市民権)国
第4のフラッグ  資産運用を行う国
第5のフラッグ  余暇を過ごす国

地球レベルでの人生を考えましょう!

SNSでもご購読できます。