クルテンフリー

テニスプレーヤーのジョコビッチは、試合中にスタミナ切れを起こしたり、喘息の発作に見舞われたりとフィジカルが弱い選手でしたが、それをテレビで見ていた医師のアドバイスが小麦粉を摂取しない「グルテンフリー」でした。

彼が実践した結果、体力が増しボールに反応するスピードが上がり初めて世界一になれたのです。

その影響で最近ではグルテンフリーを実践し「小麦粉をやめる」だけで「身体の不調」がなくなる方が増えています。

することはラーメンやうどんを蕎麦に、鳥の唐揚げを焼鳥に、ピザやパンを和食に代えるだけです。

試す価値はありそうですね

SNSでもご購読できます。