自分で考える

日本は「明治維新」「戦後の復興」に続く「第3の変革」の時期に入りました。
戦後の骨格を作った「終身雇用」も「総中流意識」も今では形を換え、「成果主義」「格差社会」という資本主義の本来の姿に戻りました。

今まで国家や企業に依存して生きていくことが当たり前でしたが、これからは「健康」も「お金」も自分自身で考えて、人生設計することがとても大切になります。

SNSでもご購読できます。